忍者ブログ
SPICE UP YOUR LIFE! あなたの生活をピリッとさせます!浜松でサルサを気軽に楽しむための SALSA FUEGO & SALSA LESSONをしています。SALSAなことからそうじゃないことまで綴っていきます!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


仔豚の丸焼き!


■はじめに


18の冒険の一つ、「豚の丸焼き」。仲間と決行しました!



111008_BBQ_0.jpg



まさに、バーベキューの原点だ!


生きていたままの姿、それを切り刻みながら、たべることで、申し訳ない気持ちになるでしょう。本当の感謝の気持ちは、現実を見なければ生まれない。


なんていう真面目な話しもありつつ、うまく焼くには、参加者の協力が必要だ。


とにかく焼くのに時間がかかるようなので、日の出くらいからセッティングを始める。



ポイントは3つ


・うまさを追求しよう。

・豚を想いましょう。

・不便さを楽しもう。


みんなで知恵を出し合って、本当にうまい肉をいただきたい。





■いよいよ


当日朝、日がまだ見えない5:30頃に起き準備を始める。


焼きあがりを昼頃と想定しているからだ。


仔豚の丸焼きをやるためのマニュアルなんかない。


ただ、自分たちの頭を使って、以下のことをよくよく考え、きっちり焼き上げるのだ。




1.どう焼くか?

2.どう味付けるか?

3.どう最後まで残さず食べきるか?





■どう焼くか?


まずは、どう焼くか?、焼くための土台をどう作るか?


だ。


土台は、今回場所を提供してくれた、Kenkenの山にある資材を使う事を考えた。


ログハウスの横に丸太が積まれていたので、


その中から、長さ、約90cmの丸太を2本用意し、土台とした。


風を遮り、熱を逃さないためのアルミの壁を用意した。


薪を集め、火を起こす。





111008_BBQ_1.jpg
※小さい火だが結構火力はある!


次に仔豚を固定する。


今回は冷凍の仔豚だったので、


解凍のため、


男達の寝ているログハウスで一緒に一晩を過ごした。


まだ、完全には融けていなかったので焚火でゆっくり解凍させた。


まだ仔豚は生々しい。


解凍後、しっかり水で洗い、その後お酒で洗った。臭みがとれる。


本当はもう少し早めに解凍して、重曹で刷り込んでおくと皮もやわらかくなるらしい。





111008_BBQ_5.jpg
※山のオンジが仔豚を洗ってきた!






買ってきた角材を、ロンベーロ君が豚に刺しやすいように、ナタで先を尖らせている。これも大変だ。


机の上で、仔豚の頭から角材を刺し、仔豚の両手両足を広げる。


そこに、アルミ棒をX字に、仔豚に刺し、両手両足を針金で固定する。


また、足側に回転を防ぐために、1本アルミ棒を角材にクロスして刺す。


更に、手足先が焦げないようにアルミで包む。





111008_BBQ_6.jpg



この時点で、仔豚はもう食材という感じがしてきている。






111008_BBQ_7.jpg



そして、丸太の上に載せる。





111008_BBQ_8.jpg




仔豚がグラつかないように、丸太の角を削り、支えの丸太も用意した。



ここからは、時間との勝負だ。


火の加減を男たちが交代で見る。


ちょっと多めに薪を入れただけでも、火力はすぐに大きくなり、豚を焦がしてしまうからだ。


上下裏表と移動させてしっかり焼く。





111008_BBQ_9.jpg



動画はこちら。





■どう味付けるか?


KenKen山では、シイタケも採れる。



ただし、


こういった使い方や、



111008_BBQ_4.jpg
※耳シイタケ


こういった使い方は、



違う・・。



111008_BBQ_3.jpg
※シイタケ帽



そこうしているうちに、


女性達も起きてきて、朝ごはんのサンドイッチやみそ汁を作り始めた。


まだ寒く、温まる。


シイタケも、バターしょうゆで焼いて食べる。


香ばしくてうまい。





111008_BBQ_13.jpg



お腹には甜麺醤(テンメンジャン)をガッツリ塗りたくる。


だんだんと味噌の香ばしい匂いが辺りに充満してくる。





111008_BBQ_12.jpg



背中側もしっかりと焼けてきた。





焼き始めて、2時間半、


肉汁が溢れてます!



全体的に焼きあがりました!





111008_BBQ_14.jpg



様々なタレ、香辛料を振り掛けて楽しむ。


今回準備したタレの一つは、自家製の華市レシピの中華風バーベキューソース!


北方水滸伝の中でも、丸焼きした肉に特製のタレを使って、仲間に振る舞うシーンはよく出てくる。


とにかく、ホカホカでやわらかくてうまい。






■どう最後まで残さず食べきるか?


中の方はまだ、焼けてないていなので、


肉を削いで、並行して網でも焼く。



野菜を加え、豚骨スープを作った。


それにラーメンを入れた。


様々な部位を堪能できました。


残念ながら、皮は硬くなってしまい、食べられませんでした。
次回の課題です。





そして、


ほぼ、完璧に全部食べきることができました。





111008_BBQ_11.jpg




■最後に


大人同士でも知恵を出し合って過ごす時間は貴重だと思った。


子供にも経験させたいと思う。


このバーベキューを行う意義を深く理解して、場を提供して頂いたKenKenに感謝。


そして、仲間にありがとう。





☆今回の参考サイトはこちら


子豚さん丸ごと1匹 仔豚丸焼き用
http://www.themeatguy.jp/app/products/view/380#content-top

今回使用した豚は、
・約 5 Kg
・24,750 円


以上
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[426] [425] [424] [423] [422] [421] [420] [419] [418] [417] [416
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
TAKA
性別:
男性
自己紹介:
サルサフエゴ主宰
最新コメント
[10/07 NOBUKO]
[09/04 NOBUKO]
[09/02 Isa]
[03/06 Nori]
[12/11 TAKA]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]